本文へスキップ

社会福祉法人大田幸陽会はひとり一人が幸せに暮らせる社会の実現を目指す法人です。

TEL. 03-3745-0808

〒143-0013 東京都大田区大森南二丁目15番1号

理事長挨拶Greetings from the President

CEO

 社会福祉法人大田幸陽会は、大田区知的障害者育成会(現在は、大田区手をつなぐ育成会)の長年にわたる活動と、大田区行政からも物心両面にわたるご協力をいただき、1993年(平成5年)3月25日に設立されました。 「大田区内の障害者全てに陽光が燦々とそそぎ、それぞれが幸せに暮らせる社会」を心から願い、法人名を「大田幸陽会」と定めました。 その後、社会の変化とともに、障害者を取り巻く環境も大きく変わっていく中で、必要な法律や制度の改正などが行われました。大田幸陽会も、これらの変化に対応するため、日中活動通所施設・自立生活訓練施設、居住系サービス、相談支援サービス、など多岐にわたり事業展開を進めてきました。 2013年(平成25年)年4月には、障害者総合支援法が施行され、障害者への福祉サービスが、大きく自立支援給付と地域生活支援事業に整理されました。また、「生活」と「就労」に対する支援をより一層充実させることを目標とした新サービスの創設や、既存のサービスをより充実させるための法改正を重ねるなかで、障害者が普通に社会生活や日常生活を営めるよう支援する仕組みは前進をしています。 大田幸陽会は、本法が共生社会を実現し、「その人らしさ」を支援する生活モデルへの転換をはかる趣旨を踏まえ、就労者数の増加に伴い増えている生活面での様々な課題や、利用者や保護者の高齢化、障害の重度化・多様化等への問題にも取り組んでいきたいと考えております。 その際重要なことは、ハード面の充実はもちろんのこと、スタッフが充分な能力を持っていなければなりません。福祉のプロとしての人材育成にも努めてまいります。 障害者福祉へのニーズも近年多様化・複雑化し単独の支援では十分成果が出ないケースも増えてきています。そのため、今後とも、大田区行政、育成会、地域の皆様、他の障害者団体、大田幸陽会後援会等と緊密に連携して、充分な支援の成果が出るよう努力してまいる所存でありますので、今後ともなお一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人大田幸陽会

〒143-0013
東京都大田区大森南二丁目15番1号

TEL 03-3745-0808
FAX 03-3745-0923